髪やけどとは?

実は、ドライヤーの熱風で思っている以上に高温なんです。

その温度、およそ100度以上!

でも髪は熱いとは感じないため、自分でも知らず知らずのうちにドライヤーを当て続け、髪を傷めつけ、老化へ進行させてしまっています。

そしてそれは髪やけどであったり、頭皮の乾燥なども引き起こしています。

一般的に、健康でダメージのない髪が耐えられる熱の温度は70度程度とされています。
100度を超えてしまえば変性して湾曲が起こってしまい、120度では弓なりに湾曲していきます。

髪やけど

さらに熱を加え続けてしまうと、表面はケロイド状になってしまって、キューティクルが剥がれていきます。

キューティクル

一般の家庭用のドライヤーの熱風は余裕で100度以上あるので髪にとっては非常に強いダメージとなっています。

一度、機会があれば頭皮の写真を専門家にとってみるといいでしょう。

髪には神経が通っていないので、熱を感じることができないので、自分では気づかぬうちにダメージを与え続けてしまいます。

ここで、よく、「だったら自然乾燥のほうがいいのかな」という結論に達しがちですが、これもまたあまりおすすめできません。

なぜなら、髪が濡れた状態だとキューティクルがひらき、傷つきやすくなるため、できれば早めに乾かしてあげたほうが髪へのダメージを防げるのです。

正しいドライヤーの使い方

髪がやけどを起こしてしまう原因も、間違った使い方をしているからやけどしてしまうという原因が大部分をしめています。

ここでは、一般的な家庭用ドライヤーの正しい使い方をご紹介していきます。

タオルの使い方

髪を洗ったあと、マイクロファイバーなどの速乾タオルで髪の水分を取りましょう。
バスタオル1枚よりも小さなフェイスタオルを2枚使ったほうが乾きが速いので、おすすめです。

フェイスタオル2枚

タオルでしっかりと拭きとることができれば、のちのドライヤーをあてる時間が少なくてすみ、髪へのダメージを最小限に防ぐことができます。

風のあてかた

髪からドライヤーを20cm以上離し、乾かしているときはドライヤーを動かしながら風を髪にあてていきましょう。
遠くからブローしていくと、逆に髪が乾きにくいのではないだろうかとも思われがちですが、風を広範囲にあてることができるため、乾く時間はそう変わらないのでご安心ください。

また、髪をばさばさと動かしてしまう人が結構いますが、これも摩擦で髪を傷めてしまう原因になりかねないので注意してください。
動かすのは、あくまでドライヤーだけ。
風が一箇所に集中してあたらないよう、ドライヤーを持った手をゆらゆらと動かしていきましょう。

そして、髪をかき分け、頭皮を露出させて風を頭皮にダイレクトにあてていきましょう。
毛先ばかりを頑張って乾かしても、頭皮や、根元のほうが濡れていたら、いつまでたっても髪は乾いていきません。

毛先を一生懸命ブローしている人もよくみかけますが、そういった人にかぎってドライヤーの使用時間がとても長い傾向があります。
それで長時間の熱風により、毛先から髪やけどを起こしていまいます。

「髪を乾かすこと」ばかり意識するのではなく、「湿った頭皮を乾かす」ことにも意識を傾けてあげてください。

風をあてる位置

髪に対して30度ほどななめ上から、そして上から下にかけて風をあてましょう。

ドライヤーあてかた

これは、キューティクルのうろこは上から下へと向かっているため、これに逆らわないようにするのが大切なポイントだからです。

よく頭を下にして、後頭部にドライヤーをかけている人も美容師さんなんかでもみかけるのですが、これはキューティクルを逆立ててしまうことになり、切れ毛の原因となってしまいますのでご注意ください。

最後の締め

頭皮が完全に乾いたら、冷風に切り替えましょう。
そうすることによって、キューティクルが引き締まります。

熱風だけで乾かしてしまうと、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。
ただでさえ乾燥する冬は、頭皮の乾かし過ぎにも注意をしなければなりません。

まとめ

このポイントをきちんと守ってブローしていけば、普段のブローよりも圧倒的に髪に加わるダメージを少なくしていくことができます。

さいきんはミスト照射、オゾン照射、マイナスイオン照射といった高機能のドライヤーも人気になっています。

髪へのダメージが軽減されて、さらに髪を乾かしながら保湿や頭皮ケアまでできるようになりました。

私が今現在も使用しているドライヤーをご紹介します。
このドライヤーを使うことによって頭皮が美しい状態い保たれ、ひいては髪をいつまでも若々しくいられます。

ヒートケア60低温ドライヤー
ヘアモデル用のドライヤーを、2万人の声を元に一般向けに改良しました。

高熱のヘアドライヤーは髪がヤケドしてしまう事があり、パサつきの原因となっていました。

そこで髪に熱ダメージを与えないよう、徹底的に研究・改良されたのが「ヒートケア60低温ドライヤー」です。

60度の低温度設定で、髪ヤケドを防ぎます。

現役ヘアモデルも愛用し、雑誌やテレビでも多数紹介されている注目のアイテム!! なんとお客様満足度「97%」を獲得致しました。

価格 24,800円19,800円(口コミ投稿で5000円OFF)
評価
詳細 詳細をみる